DESIGN

調和を醸し出す、個性を引き出す。

この場所に調和する建築とは、どのようなものか。答えは「久が原という場所そのもの」にありました。

エントランスや基壇部のデザインについては、強固な高台である久が原台地そのものをイメージ。厳選された御影石に割肌仕上やビシャン仕上を施し、重厚な表情を作りました。それによって、屈強な武蔵野台地の一角であり、古代から人々を守り育んできた久が原台地そのものを表現しています。

一方、2階よりも上部のデザインについては、端正な久が原の邸宅街そのものをイメージ。正統派アースカラーの磁器質タイルや、爽やかな色合いのガラス手摺を駆使して、ファサードを作り込みました。それによって、品格のある久が原の街並みや、四季を彩る美しい緑を表現しています。

これらの久が原という場所そのものを投影した建築のデザインは、この街の美しい景観に調和し、されども決して周囲に埋もれることなく、凛とした個性を放ち続けることでしょう。

DESIGN

この場所に調和する建築とは、どのようなものか。答えは「久が原という場所そのもの」にありました。

エントランスや基壇部のデザインについては、強固な高台である久が原台地そのものをイメージ。厳選された御影石に割肌仕上やビシャン仕上を施し、重厚な表情を作りました。それによって、屈強な武蔵野台地の一角であり、古代から人々を守り育んできた久が原台地そのものを表現しています。

一方、2階よりも上部のデザインについては、端正な久が原の邸宅街そのものをイメージ。正統派アースカラーの磁器質タイルや、爽やかな色合いのガラス手摺を駆使して、ファサードを作り込みました。それによって、品格のある久が原の街並みや、四季を彩る美しい緑を表現しています。

これらの久が原という場所そのものを投影した建築のデザインは、この街の美しい景観に調和し、されども決して周囲に埋もれることなく、凛とした個性を放ち続けることでしょう。

誇りとなる空間、潤いのある時間。

エントランス完成予想CG

エントランスホール完成予想CG

ランドスケープの企画設計に際しては、「格式を感じさせる設え」と「癒しを感じさせる雰囲気」の両方を兼ね備えたものを追求しました。

敷地の入口側をエントランスホールやラウンジ、機械式駐車場などの共用スペースで固め、専有スペースを敷地の奥側に集積。パブリックな空間とプライベートな空間を明確に分離するよう企図しました。基壇部の外装から連続する重厚な設えに導かれ、アプローチを抜けてエントランスホールへ立ち入ると、乱尺貼りの御影石で格式を表現した静穏の空間が広がります。

一方、ラウンジから窓の外へ目を向ければ、アイキャッチとなる優しい緑が来訪者を出迎えてくれます。さらに、敷地奥側の住居スペースを守り囲うような形で、表情豊かな種々の緑が潤沢に配置されています。

配棟計画

敷地形状を活かした3方位構成の配棟で、採光や風通しに優位性のある角住戸プランを数多くご用意。

植栽計画

計画地の奥側を囲うように、多彩な植栽を配置。表情豊かな緑が建物を包み、暮らしに潤いを演出。

歩車分離設計

道路から建物内へのアプローチを歩行者、自動車、自転車ごとに分離しているので、接触や不慮の事故についての不安が軽減され、敷地内での安全が保たれます。

駐車場

駐車場は建物屋内に8台分をご用意しています。ターンテーブルによって向きを変えるので、切り返しの不安も軽減。スムーズに出入庫できます。

駐輪場

日常の足としてニーズが高い駐輪場は、子ども用の平置き3台を含めて73台分を確保。建物内なので防犯に優れ、雨に濡れることもありません。バイク置場も5台分ご用意しています。

デリバリーボックス

不在時に宅配荷物を預けておいてもらえるデリバリーボックスを設置。時間を選ばず、簡単な操作で受け取ることができ、大変便利です。

※掲載の外観完成予想CG、エントランス完成予想CG、エントランスホール完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、各種機材・配管・素材等及び周辺建物・電柱・架線等は省略・簡略化しております。なお、植栽は特定の季節の状況を示すものではなく、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。